「鉄板映画:人気スター映画のブログ」

名作映画全集。ジャンルを問わず多くの作品を紹介。全記事無料です。

『ロッキー4 炎の友情』(1985年)「主な出演者」と「注目ポイント」

(あらすじ)世界王者ロッキー(シルヴェスター・スタローン)がソ連のアマチュアボクシング世界王者と対決する。カッコいい音楽、トレーニング、試合のシーンが見せ場です。「鉄板映画:人気スター映画のブログ」

f:id:wcwgold:20220306101213j:plain

1.ロッキー・バルボアシルヴェスター・スタローン
プロボクシングの世界ヘビー級王者。パンチが強いサウスポー。強敵クラバー・ラングからタイトル奪回。引退を考えている。友人アポロの復帰に強く反対。
(『ロッキー』で人気スターに。『ランボー』など80年代にヒット作を連発。その続編は今でも継続中。永遠の肉体派俳優)

2.エイドリアンタリア・シャイア
ロッキーの妻で、ポーリーの妹。リングに上がろうとする男たちを辛抱強く見守る。
(『ゴッドファーザー』シリーズ、『ロッキー』シリーズで有名。兄は映画監督のフランシス・F・コッポラ。ニコラス・ケイジは甥。)

3.ポーリーバート・ヤング
ロッキーの義兄。誕生日プレゼントにロボットを贈られてビックリ。ソ連を激しく嫌い、ロッキーのセコンドを務める。
(「ポーリー」役で有名。『コンボイ』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』ほか)

4.デューク(トニー・バートン)
アポロのトレーナーだった男。ロッキーをサポート。

5.イワン・ドラゴドルフ・ラングレン
ロシア人。アマチュアボクシングの世界王者。驚異的なパンチ力。ヘビー級が耐えられるパンチ:1インチ平方700ポンド。ドラゴのパンチ力:1850ポンド。
(アクションスター。愛称は「人間核弾頭」。語学が堪能な人物でもある。『レッド・スコルピオン』『パニッシャー』『ユニバーサル・ソルジャー』ほか)

6.ルドミラ・ドラゴブリジット・ニールセン
イワンの妻で元・水泳選手。口べたなイワンに代わって広報を担当。アメリカを強く非難。
(スタローンの元妻。『コブラ』『ビバリーヒルズ・コップ2』が特に有名)

7.アポロ・クリード(カール・ウェザース)
元世界ヘビー級チャンピオン。リングでの栄光が忘れられない男。ドラゴとのエキシビション試合に挑む。
(肉体派俳優。『デス・ハント』『プレデター』『アクション・ジャクソン 大都会最前線』ほか)

8.メアリー・アン・クリード
アポロの妻。引退して5年になる夫のカムバックを不安に思っている。

注目ポイント)ポーリーの誕生日パーティーとロボット、「ソ連のプロボクシング参入」のニュース、ドラゴのデモンストレーション(驚異的なパンチ力)、アポロとドラゴの記者会見、派手に入場するアポロ(with  ジェームス・ブラウン)、「エキシビションマッチ:アポロ・クリード vs. イワン・ドラゴ」、ロッキーとドラゴの記者会見、試合に反対するエイドリアン、ロシアでのトレーニング(原始的なトレーニングのロッキー、科学的なトレーニングのドラゴ)、ソ連の国歌&ゴルバチョフ(っぽい人)、「ボクシング協会非公認のノンタイトル戦:ロッキー・バルボア vs. イワン・ドラゴ」、試合後のスピーチ、全編に流れるカッコいい音楽、本物のプロボクシング関係者(レフェリー役のルー・フィリポ、マーティ・デンキン)が登場するシーン。

(予告編:YouTubeより)

--------------------------------------
「鉄板映画:人気スター映画のブログ」への支援をお願いします。

この続きはcodocで購入