「鉄板映画:人気スター映画のブログ」

名作映画全集。ジャンルを問わず多くの作品を紹介。全記事無料です。

鉄板映画:『ベスト・キッド2』「十大見せ場&ツッコミどころ紹介」 

ノリユキ・パット・モリタラルフ・マッチオが師弟を演じる青春カラテ映画(1986年)。じいちゃんなのに強い「ミヤギ」。その強さの秘密が明らかになる(かもしれない)パート2です。「鉄板映画:人気スター映画のブログ」

あらすじ
ミヤギが父の危篤の知らせを受け、故郷のオキナワへ。

1.主役
続編。高校を卒業したばかりのダニエル・ラルーソ(ラルフ・マッチオ)。ダニエルが住む(ボロ)アパートの管理人ミヤギ(ノリユキ・パット・モリタ)。ミヤギの父が危篤、ということでミヤギが故郷のオキナワへ。ダニエルも同行。

2.悪役
大昔のことでしつこくミヤギを恨むサトウ(ダニー・カメコナ:「カメコナ」て。日本人ではないのが残念。せめて日系人に演じてもらいたかったところ)。ミヤギとサトウはユキエ(ノブ・マッカーシー)という女性をめぐって争い、決闘を避けるため、ミヤギがオキナワから去った過去が。そのためサトウはミヤギを「卑怯者」呼ばわり。サトウの甥トグチ(ユウジ・オクモト)がサトウの命令でミヤギ&ダニエルに様々な嫌がらせ。

3.ヒロイン
前回に続いてヒロインが登場。前作のアリは「大学のフットボーラーに恋をした」ということで今作には登場せず(やっぱり、いい加減な女だったアリ。車を壊したうえ、ダニエルをもてあそんだだけ)。今回のヒロインは二人。ミヤギの元恋人ユキエ。ダニエルと親しくなるクミコ(タムリン・トミタ)。

4.卑怯者
前回の「コブラ会」がオープニングに登場。「コブラ会」道場主のクリース(マーティン・コーヴ)。ふがいない負け方をした弟子に怒りが治まらず、当たり散らす。そして、ついにミヤギにまで手を出す。どんな勝負になるか? オキナワではミヤギを「卑怯者」呼ばわりするサトウ&トグチ。村人を騙したり、町を破壊したり、ミヤギの実家を襲撃したり(どっちが卑怯モンやねん)。

5.勝手なことを
ミヤギの帰郷に付いていくダニエル。大学に行くはずの学費を勝手に使って旅券を購入。ダニエルという男は勝手に物事を進める傾向にある(パート3にも注目されたい)。

6.カラテ
今回は「でんでん太鼓」が重要ポイント(太鼓の動きがカラテにも使える、という話)。ダニエルが6枚の氷の板を割れるかどうかをトグチと賭けるシーン、最後の「ダニエル vs. トグチ」に注目。

7.ツッコミどころ①
この「トグチ」という奴。オキナワに到着したミヤギをわざとらしい笑顔で出迎え。途中、コロッと態度を変え、伯父(叔父?)と一緒にミヤギを「卑怯者」呼ばわり。そしてついにミヤギと対決、アッサリ敗北(弱)。パート1でも「ジョニー」という不良をミヤギは軽く倒した。「ラストバトル」で戦う敵キャラが途中でミヤギに倒されてしまうのも、このシリーズの特徴。

8.ツッコミどころ②
「サトウ」とかいうオッチャン。妙にヒネた奴。いつまでもしつこくミヤギを恨み、村までボロボロに(カネ持ちだけど賢くない奴)。ミヤギとの決闘を強く求めるが・・・。

9.台風
オキナワでは台風はよくあること。猛烈な台風で窮地に陥るサトウ。そして・・・(「ネタバレ」になってしまうためハッキリ書けないのが残念)。

10.オキナワ
一応、日本が舞台ということであちこちに日本語が。しかし、この映画は沖縄ではロケされていないらしい(フィリピン、ロサンゼルスのリトル・トーキョーで撮影された、とか)。「沖縄」というより「オキナワ」と書いた方がしっくりくる映画。看板や日本語が使われるシーンにも注目です。

YouTube

--------------------------------------

Amazonショッピングサイトへのリンクです。  

 

この続きはcodocで購入