「鉄板映画:人気スター映画のブログ」

名作映画全集。ジャンルを問わず多くの作品を紹介。全記事無料です。

鉄板映画:『ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー』(1981年:ジェームズ・カーン)

「鉄板映画:人気スター映画のブログ」金庫破りの男が犯罪組織の黒幕とトラブルになってしまうアクション&サスペンス映画。主人公の犯行と復讐に注目です。

1.ストーリー
金庫破りの二人が悪党に利用された挙げ句、制裁されてしまうが・・・。

2.キャスト
ジェームズ・カーン(金庫破り)
ジェームズ・ベルーシ(相棒)
ウィリー・ネルソン(師匠)
チューズデイ・ウェルド(女)
ロバート・プロスキー(黒幕)

3.注目のシーン
①主役
主役が悪役のいわゆるクライムムービー。刑務所に11年いたことがあるフランク(ジェームズ・カーン)。今では「中古車販売会社の経営者」という表の顔と「ダイヤモンド専門の金庫破り」という裏の顔の二つを使い分けている。裏の仕事の報酬の支払いをめぐってトラブル。黒幕と組んで新たな犯行を実行するが・・・。

②悪役
「ワル」ばっかりが登場する映画。フランクを利用して儲けようとする犯罪者レオ(ロバート・プロスキー)、フランクの「仕事」から賄賂をゆすろうとする悪徳刑事。フランクの相棒バリー(ジェームズ・ベルーシ)。フランクに盗みを教えた「師匠」オクラ(ウィリー・ネルソン)。

③キャラ
「過去がある女」ジェシー役でチューズデイ・ウェルド。今度こそは幸せになりたい、と願うジェシー。しかし、フランクとレオがトラブルになったことで二人は引き裂かれていく。

④アクション
金庫破りのシーン、フランクが刑事から暴行されるシーン、レオから制裁されるシーン、爆発シーン。全てに決着をつける対決。いずれも「緊迫感」あふれるスリリングなシーン。

4.感想
犯罪者の映画。「幸福にはなれない人たち」が描かれています。ジェームズ・カーン演じるフランクは前科がある男。しかし彼には密かな夢が。結婚して足を洗い、子育てするという彼の希望は叶うのか? 犯罪シーン、アクションシーンが見せ場の映画。フランクとジェシーが養子あっせん所でスタッフと会話するシーン、束の間の幸せ、悲しい別れ、にも注目。「フランク」というキャラクターを鑑賞する映画です。

-----------------------

ジェームズ・カーン:『ゴッドファーザー』があまりにも有名。『ミザリー』『イレイザー』ほか出演多数。
ジェームズ・ベルーシ:『レッドブル』『K-9/友情に輝く星』『ジングル・オール・ザ・ウェイ』でおなじみのコミカルな役者。
ウィリー・ネルソン:ギタリストとしても有名。
チューズデイ・ウェルド:『シンシナティ・キッド』『フォーリング・ダウン』ほか。

YouTube

--------------------------------------
Amazonショッピングサイトへのリンクです。

この続きはcodocで購入